原西孝幸(FUJIWARA) ギャグヤリマン

で、ミッドナイトなんですけれども、野球のマニアックなプランあってね。これはたまたま収録をね。していたのですけれども、それでも、どうかな?というのもね。あったけれどもね。
それで菊池オス星やら、筒香などもでていたけれども、それでも、ヤクルトオタクとしては、今浪がでてきた対応ね。それは大きくてね。
おや、収録をね。していて必ず良かったな?というところでは居残るのよね。
そういうわけでね。そういったのは、年間。否もう古いところからインタビューというのをね。敢然とやるからこそ、そういったなんでしょうね。追い掛けている感じをね。できるのでしょうしね。
という結果、菊池オス星とか筒香なんかは、前年終わってから、そこから始終でしょうしね。なのでビデオとして映るのは、ほんの何パイかでそれが報われているのか、まさかわからないですけれどもね。それでも、そういうものかな?ってね。思っているのよね。
も、こういうことこそ、醍醐味あるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です