キタリスで茂木

できなくても

できなくても、はからずももいいからやってみましょう。できないのは真面目ではなく、ただ腕が動いていないだけ。
そんなことが多いので、最近では何となくいろいろもいいから腕を取り回すようにしています。
それが非コストパフォーマンスの時もあります。但し。いつも効率的なことは滅多にありません。
それなら、効率的なことは決して考えないで、たまには非コストパフォーマンスなことを選んで見る。
そうして、その非コストパフォーマンスな登録から効率的なことを導き出して見る。それが今後の登録に影響するのです。
即刻は効率的なことができないかもしれません。ただし、効率的なことを追求するには何だかんだやってみるのも大事です。
即刻成行を貪るばかりではなく、将来のために現在を置き忘れる覚悟も大事だと言うことですね。
その気力ができるようになると、まわり道が凄まじくなくなります。急がば回れですね。
それが分かっていても何となく望めることではありません。さて、今日もまわり道をとおってみますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です